ピルは一般的に婦人科で処方してもらう医薬品となっていますが、病院に行くと診察料や処方箋料など取られますよね。しかし、今やネット社会なので、個人輸入サイトから簡単にピルを注文することができ、格安で入手することが可能となっています。こちらではピルを通販する方法を教えます。

  • ホーム
  • 若年層が風邪を引きやすくなるのは避妊薬が原因なのか

若年層が風邪を引きやすくなるのは避妊薬が原因なのか

特にこれと言った原因が見当たらないのに、最近、やけに風邪を引きやすくなったと感じている方はいないでしょうか。
思い返してみると睡眠不足でもない、食事も摂っているのに、風邪ばっかりひいていて困っているという方、それは避妊薬を飲み始めてからで、もしかして避妊薬のせいではないかと思っているケースもあるでしょう。
確かに避妊薬には副作用もあります。
しかし、基本的には安全性の高いもので、軽度な副作用で時期に解消されることが多いようです。
これは急にホルモンの量が増えて、体が今までとは違うホルモン量に反応を起こし、初期段階で症状が出るだけのことです。
特に体の発育が整っていない、反応が大きく出てしまう若年層に多く見られます。
どんな症状が出るかというと、良く聞くのが頭痛、吐き気、むくみ、体重増加なのです。
ホルモン量が多くなることで体の働きが急激に変わってしまうのが原因ですので、だんだんと緩和され戻っていきますので、大きな心配は不要です。
ただ、ずっと続く、相当きつい時には体に合っていないこともあるので相談すると良いでしょう。
また、この他にも喉の違和感や微熱、倦怠感、胸や下腹部の痛みなどがあります。
出る症状は個人差があるので、実にさまざまで不快感も差があります。このような症状の中で頭痛、微熱、のどの違和感、倦怠感などは風邪と一緒の症状ですので、勘違いしやすいので風邪をひきやすくなったと思ってしまう方もいるでしょう。しかし、これらはホルモンによって起こされることで風邪の原因の菌やウィルスとは異なります。
原因が全く違うので、風邪にかかりやすくなるとは言えません。ただ、初期段階は体が対応するために働いているので、いたわって大事をとることは良い方法でもあります。